鉄筋コンクリートや鉄骨構造の建築現場ででは、その土台となる型枠が非常に重要になります。辻和建設株式会社は高い安全性と確かな施工技術で、建物の信頼性を高める型枠工事を実施致します。

実績多数!辻和建設の型枠工事で多くの建物を支えます。

辻和建設は、設立依頼、型枠工事一筋で技術を高めてまいりました。それは、型枠工事が建物の強度や耐久性に与える影響が大きく、この型枠工事技術こそが日本の建物の歴史を変えるという想いがあったから。これまで、多くの実績を積み重ねてまいりました。眺めてみれば、街のあちこちに当社が支える建物があります。型枠工事をお任せいただけるという誇りと使命感を持ち、今日も新しい建物の土台を築いています。


型枠工事の流れ

型枠工事とは、コンパネと呼ばれるコンクリートパネルを精巧に加工し、コンクリートを流し込む型を作る、建設現場においては最重要とも言える工事。この型枠工事を基盤に成長を遂げてきた辻和建設。当社の型枠工事の流れをご紹介します。

拾い出し

柱、壁、梁、スラブ等の形状、寸法、数量等を計算した施工図面を作成します。
これに基づき、加工図を作成していきます。

加工図の作成

複雑な形状部分や、階段、勾配などは、図面を確認しながら実際の大きさで作図していきます。大きなベニヤのパネルに直接書き込み、現地での作業に活用します。

材料加工

加工図に基づき、あらかじめ材料(合板、桟木)の加工を行います。
材料を切断し、合板・桟木などを組立て、柱型・梁型なども作成します。

墨出し

型枠を組立てる柱や壁の位置を、現場にて墨壺を使ってマーキングしていきます。図面に忠実に現場で再現できるよう丁寧かつ慎重な作業を行います。

建て込み

先に加工しておいた枠を墨出しで記した場所に合わせて建てていきます。当社が最も得意とする工程で、高層ビルなど精密な作業が必要な現場で建て込みの優れた技術が大いに発揮されます。建て込み技術の高さが当社の型枠工事の完成度を高めています。

コンクリート打設

コンクリートを型枠に流し込む作業です。 常に型枠の点検を行い、型枠の歪みやずれがないことを確認します。建て込み技術の高さで、相当な力が型枠側部にかかるコンクリート打設でもしっかりとした品質を保ちます。

解体・完成

型枠の中へ流し込んだコンクリートが固まり、強度がでてきたら型枠を取り外す解体工事を行います。これで型枠が完成します。

辻和建設3つのお約束

●スムーズな工事の実現にむけ、工事計画の立案は徹底的に練り上げます。

●丁寧かつ徹底した工期管理・工程管理でスケジュールを守ります。

●作業現場の安全管理を徹底し、近隣の方への適切な配慮や対応でご安心いただきます。